年賀状WebARのすったもんだ

年賀状でAR

年賀状でARをやろうというプランは数年前からあった。けど、ARのアプリケーションをダウンロードしてくださいってどうなの?するの?自分だったらしないなー。それに、対応端末は?Android?iPhone向けにも作るの?AppStoreの審査とか受けてて間に合うの?と言う議論を続け、結局実現することはなかった。
ひとことでARって言ってもどう実現するかを考えたら結構めんどくさい。

A-FrameとAR.js

そこで今回はWebARでやろうと言うことになった。WebでできるARで使っているScene ViewerはARCore対応端末じゃないと表示できない。ARCore対応端末はまだまだ多くないので、今回はA-FrameとAR.jsを使ったWebARにすることになった。これはブラウザが対応していれば表示可能。5年前のスマホでテストしてもちゃんと表示できた。よしよし。

3DオブジェクトとGIF

さて、ARとなると表示するオブジェクトが必要だ。ところが、Blenderで作った「ウシ」だの「あけおめテキスト」等の複数の3Dオブジェクトが、Blenderで作ったタイムラインとは無関係にそれぞれ好きなようにアニメーションするのでタイミングが合わないと言う問題が発生。そこで、複雑だった3DアニメーションをシンプルにしてGIFアニメーションを追加しようと言うことになった。とこがGIFでテストしたら動かない。年末の空き時間にあれこれ調べて結局動いたものの、結局3Dアニメーションとのタイミングが合わない。どないせえっちゅうねん。
調べてみたら技術的には解決はできそうなものの、その時点で12月29日。あかん、間に合わん。

納期と品質の問題

ものが年賀状である以上、お正月には届かなければ意味がない。そこで、タイムリミットを12月30日投函と決めた。アニメーションのタイミングは次回以降のテーマとしてとりあえず今できる事で完成を目指すことになった。
やること、(今回は)やらないことが決まり、あとはARとして表現するものを完成させるのみとなった時に、はたと気がついた。

どうしようもなく演出力・表現力がない。

ま、それこそ短期間でどうにかなる問題ではないと諦m…腹をくくり、なんとかかんとか完成にこぎつけた。
よければ一度ご覧ください。

完成品と今後

↑完成品の動画(音楽はARとは無関係です)

GIFと3Dオブジェクトに関連性がなかったり、ストーリー性がなかったり、音を入れてなかったり、色々と物足りない点があった。
とは言え、12月半ばにやろうと決めて、限られた時間の中でちゃんと投函できたことはまず良かったかなと思う。

とは言え、やっぱりどうしようもなく演出力・表現力がない。

今後、細かい調整や演出力・表現力に磨きをかけてできたものを公開していきたい。

(おまけ)
↓年賀状と同じもの。AR動きます。QRコードを読み込むか、ここにアクセスして写してください。

Share on facebook
Share on twitter
開業じゃなくて怪魚

開業しました。

あけましておめでとうございます。尾嵜です。仲間8人とともに、株式会社Qukuriを創業しました。 なにかおもし

Read More »
TOP